上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロクマル世代って知っていますか?
アラサー・アラフォー・アラフィフなどのような呼び方の一つで
還暦を迎えた60代の若々しく輝き続けるカッコいい女の事で
そんなロクマル世代の代表で私が大好きな女優のひとりである風吹ジュン
その風吹ジュンが出演している
“つやのよる ある愛に関わった女たちの物語”を観に行ってきました。
上映映画館は
曰く付きの長野千石劇場の例によって
小学校の視聴覚室より小さい総座席数が44座席の2階のシアター3
とりあえず
このバリアバリバリの映画館の事はさておき・・・

~映画の感想~
死期が迫る妻に関わった
5人の男たちにまつわる五つの話のオムニバス映画
一つの話が20分くらいで飽きる暇もなく話が淡々と進み
途中眠くなりそうになると
えっちなシーンにゴックンで眠気が冴えるの繰り返し…(*゚▽゚*)
大好きな風吹ジュンのゴックンもあるかと期待していたのだけど
風吹ジュンのゴックンはメールの文章でのゴックンだった…
ラスト阿部寛が
“ざまあみろ”と亡くなった妻に言うのだけど
この“ざまあみろ”が
ある意味、
この映画のテーマだったのかも…と思ったJ

☆☆☆☆


PS
タイトルの“つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語”の
この“つやのよる・・・”は
てっきり通夜の夜かと思っていたけど、つやは艶という名前で
その艶の顔は最後まで出なかった、胸は出たけど…








にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2013.02.16 脳男
始めから目をそらしたくなるようなグロさで
何度、ビクッと飛び上がった事か
でもそれだけ映画にのめり込む展開で
ツッコミどころも満載だけど
2時間という長さは、さほど感じず
私的には、子供を殺されて
うつ病になった母親が印象的で
感情をもたないはずの脳男とうつ病になった母親の経緯が
ラストに繋がるという展開がなんとも言えなかった。
この映画のテレビ放送は恐らくないかな、と思う。
観終わったあと
友達と顔を見合わせ第一声が疲れたね~ だった。
そして
ラストが微妙だったので
これって、もしかして続編ありなのかね…と。



☆☆☆☆






にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村
一昨年
友達と観に行って感動したシルク・ドゥ・ソレイユ“ZED”
実家の両親にも観せたくて
シルク・ドゥ・ソレイユではないけど
シルク・ドゥ・ソレイユが認めたシルク・エロワーズの“アイディー iD”の
TOKYO DOME CITY HALLでの3月公演チケットを
去年、発売と同時に弟家族の分を含め7枚ゲットしました。
発売と同時に申し込んだので
第1バルコニーの前から3番目のS席を4枚(私と夫と両親分)と
最前列のA席を3枚(弟家族分)ゲットできました。
そんなんで来月の公演を楽しみにしていたのですが
急遽、弟家族が行かれなくなり
せっかく取った好座席のチケットが無駄になっちゃう…と
どうしようかと思い友達に相談をしたところ
友達は即座に友達に声をかけてくれ
友達2人を誘って3人で行けるよ~という事で
チケットが一枚も無駄にならずにすみ
やはり
持つべきものは友達だなと実感…(*゚▽゚*)

今回のお楽しみは
もちろんシルク・エロワーズの“アイディーiD”ですが
それともうひとつ
東京ドームの敷地内に2008年にオープンした
収容人数3000人超の三階層のバルコニー客席に
聞きやすさ・見やすさを追求した機能性で
特に座り心地にこだわり座席の背もたれ部分に新素材を採用し
通気性に優れ長時間座っていても疲れにくい座席という
クオリティなTOKYO DOME CITY HALL!!!
楽しみ~J



TOKYO DOME CITY HALL






にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。