上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
星野富弘

友達に誘われて星野富弘さんの花の詩画展に行って来ました。
24歳の時に受傷し
手足が不自由になった星野さんが
口で描く優しい温かみのある文字の詩と絵

いのちが一番だと思っていたころ
生きるのが苦しかった
いのちより大切なものがあると知った日
生きているのが嬉しかった


この詩を読んだ時
星野さんがこの心境に至るまでの壮絶な思い…
それを思うと目頭が熱くなり胸に突き刺さるものがありました。

人間ってすごいなぁ…

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。