上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ごみの有料化

長野市では先月10月1日から

☆徹底したごみの減量
☆限りある資源の有効活用
☆排出量に応じた公平な負担


を目的として
家庭ごみ処理手数料の有料化制度を導入しました。
ごみ袋の代金にプラスごみの排出量に応じ処理手数料がかかるという事です。

10月1日の有料化に伴い
有料化以前にたまったごみを一気に出したり
旧指定袋を使い切ろうとしたりして、一時的にごみの排出量が増えましたが
ごみの有料化が一ヶ月経ち

可燃ごみ…前年同月比28%減
不燃ごみ…前年同月比42%減


という結果に至りました。

このごみの有料化において賛否両論ありますが私は賛成です。
事実、私自身も日頃からごみを出さないように
と心がけるようになりましたし
資源ごみも意識をし
牛乳パック・ペットボトル・食品トレイ等はスーパーに行く際に持って行き
回収ボックスへ入れるようになりました。

地球温暖化が問題視されている今
国民ひとり一人が意識する事がとても大切な事だと改めて思います。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。