上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.05.10 ゲゲゲの女房
ゲゲゲの女房


NHK連続テレビ小説“ゲゲゲの女房”
視聴率が、あまり良くないようですが
私の周りでは意外に評判が良く
私も第5週の“花と自転車”から見始めています。
放送時間が15分しかないのに、とにかく泣けるドラマで
朝の15分で毎回涙を流し
また泣く事でストレスを解消している感じです。
NHKの連続ドラマで、こんなにはまったのは初めて…
なのに、どうして視聴率が低いのかが不思議、、、

ドラマは昭和三十年代の東京が舞台で
漫画家・水木しげる夫人の自伝『ゲゲゲの女房』が原案になっていて
どん底の貧乏生活から始まった夫婦のドラマです。
ドラマを見ていて水木しげるの左腕がないことに気づき調べたところ
水木しげるは太平洋戦争に従軍、爆撃により左腕を失い
当時麻酔のない状態で左腕切断手術を受けたそうです。
左腕がない身体障害者だけど
右手があるからこそ漫画が描けたという日本を代表する漫画家
そんな視点で“ゲゲゲの女房”を見ていると
逆境に負けずに信念を貫き通す事がいかに大切かと…



水木しげる
“ゲゲゲの鬼太郎”の著者である
水木しげる氏は片腕の漫画家という事をを知っていましたか?
私は知りませんでした…



にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://everyday2001.blog36.fc2.com/tb.php/273-ba6cdeb2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。