上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロイター通信によると
5人に2人が“映画で現実逃避”というアンケート結果が出ているそうです。
私も良い意味で映画・テレビドラマで現実逃避をし
先日も現実逃避して来ました
“FLOWERS フラワーズ”で~!!!

資生堂“ツバキ”のCMに登場する6人の女優が出演し賛否両論の映画ですが
私的には最高の現実逃避のあっという間の2時間でした。
映画は祖母・母・娘の3代にわたる女性の生きかたの話で
昭和初期・昭和の高度成長期・平成と時代を常にタイムスリップし
“ツバキ”のCMに登場している6人の女性が主役のような映画で
ちょっと油断をしてボーッすると
“えっ? 何? どうした? どういう事?”…と気が抜けません。
そしてこの映画のテーマは“命の繋がり”で
見終わったあと見事に一つに繋がります。
ラストは昔懐かしいオリヴィア・ニュートンジョンの“そよ風の誘惑”を聞きながら
“生きているだけで楽しい”という広末涼子のセリフで
それはそれは、もう涙が止まりませんでした。
で、
見終わったあと目を真っ赤にしながら友達と
紙に登場人物の時代別の相関図を書いて
納得しながらもう一度見たいね…と。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆




にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://everyday2001.blog36.fc2.com/tb.php/291-a9bba1c9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。